登山の記録、一眼レフカメラ写真など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士登山2日目 雲の富士山(2010/07/4)

富士山登山二日目。
一日目はこちら

●AM2:00
起床。
雨音はしなかった。
メンバー全員で登頂を目指すことになった。
●AM3:00
太陽館を出発。
メンバーの一人は高山病の症状がひどかった。
暗闇の中を歩く。
昨日に引き続き、雲の中を歩く。
人通りはほとんどなかった。

雪渓の横を通る。



AM3:55の空



本七合の小屋の明かりが乱反射していた。



●AM3:59
本七合目 見晴館に到着。



ご来光は期待できそうになかったが、頂上までは意地でも行きたかった。



●4:34
八合目 江戸屋に到着。



雨と風の中、太陽館で注文した弁当を食べる。
食べれるときに食べようと掻きこんだ。
メンバーが風のない場所を探して教えてくれたが、既に食べ終わっていた。

メンバーの一人が高山病でダウンした。
天候の回復の兆しはなく、頂上まで行くべきか一瞬迷ったが、
ここまで来たら行くしかないという結論だった。
メンバーは江戸屋で待っておいてもらうことになった。


●AM6:10
九合目 迎九須志神社を通過

高山病による頭痛がひどくなってきた。
少し動くだけで息が切れた。
息を吸うことだけでなく、吐くことにも集中した。
雲の水分で地面は濡れていた。
上を見上げる余裕はなく、足元を見て進むのがやっとだった。


●およそAM7:00
頂上(九須志岳)に到着。
標高3720m。
「やった!」と叫びたかったが、身体がついてこなかった。
上半身裸で写真を撮っている若者がいた。



疲労と充実感で、呆然と座っていた。
下山のことは考えたくなかった。
突然、空が明るくなり、歓声が上がった。



今日初めての青空だった。
高度が実感できる景色だった。
夢中でシャッターを切っていた。

(友人から写真を拝借)


しばらく曇が切れたり、再び囲まれたりした後、
雲海が見える状態で変化が止んだ。



誰もが景色に息を呑んでいた。
みな笑顔だった。

降りる前に火口を見ることになった。
圧巻の景色だった。
登頂の記念に頂上の石を持ち帰ることにした。



●AM7:39
頂上を出発。
お鉢巡りをするには時間も体力も足りなかった。

相変わらず頭は痛かったが、新しいエネルギーを得ることができたので
足取りは軽かった。



天候が回復したためか、頂上への登山道は混雑し始めていた。
下を向いて必死で歩いている人に、頂上はすぐそこですよと言いながら歩いた。
その苦しみは無駄ではないということを伝えたかった。


















雲海は、自分達と下界を完全に遮断していた。
黒い土、白い雲、青い空しかない、静かな世界だった。
頭痛は8合目を過ぎたあたりで消えていた。






●10:14
七合目の太陽館に到着。



太陽館からの本来の景色を見ることができた。



砂走りを下り、下山した。
最後の最後で再び雲に包まれたが、酷使した体を冷却するのには悪くはなかった。



●12:25
須走新五合目に到着。

今回のルート(登り、下りとも須走ルート)


---
自分が頂上まで行けたのは、リーダーを始めとする、メンバー全員のおかげだと思う。
登頂が叶わなかったメンバーを含め、全員に感謝したい。

スポンサーサイト

このエントリーに関係があるかもしれない商品です。
よろしければどうぞ。

 

Comment

 
 

2010.07.09 Fri 19:39thank you

その節は、お世話になりました!!
状況も心情も伝わってきて、いいレポートですね。
頂点に立ちたい願望と頭痛との間で闘いましたね~。

雲海写真はさすが、お手のもの?(笑)
夜明けの写真も結構色出ててキレイじゃないですか~いいな~。

ハッ! 私の撮った写真……採用?光栄です。
あ、お鉢前の写真…言うてたん、これやね。どうもありがとう。
ホントいい思い出。私も、Seaさん含めご同行くださった方々に感謝です。
  • #-
  • yuki
  • [URL]
  • [Edit]

2010.08.05 Thu 23:12富士前に…

登頂前に、ぜひ読んでから!と思っていました。

確かに臨場感のあるいいブログですね。
空が晴れた瞬間のイメージが浮かんで、ぞくっとしました。

この富士は8兄さんにとって、何か思わせる登山だったのかな?
なんて感じとったり・・・
素晴らしい体験ができたようで良かったですね

私もこんな風に素敵な景色に出会えるといいな

では、行ってまいりまーす!!
  • #-
  • Massa_Pon
  • [URL]
  • [Edit]

2010.08.15 Sun 23:22Re: thank you

yukiさん
お返事が遅くなってすいません。
こちらこそお世話になりました。
お互いいい経験できましたね(^^)
  • #-
  • C8
  • [URL]
  • [Edit]

2010.08.15 Sun 23:23Re: 富士前に…

>masapon
ありがとうございます!
そちらの富士登山も素晴らしいものだったようで、よかったです!
  • #-
  • C8
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://mtjapan.blog133.fc2.com/tb.php/18-ce3dc66d
 

プロフィール

 

Mt.Japan

Author:Mt.Japan
登山が趣味です。
ボルダリングも少々。
百名山とかアルプスに登りつつ、関西の低山にも登ってます。

当ブログはリンクフリーです。相互リンクも歓迎!

 

最新記事

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

 
 

カテゴリ

 
 

タグクラウドとサーチ

 

 

Recommend

 

関西ハイキング2012 (別冊山と溪谷)

山と渓谷社 (2011-10-20)
売り上げランキング: 42894


関西日帰り山歩きベスト100 (ブルーガイドハイカー)
岡弘 俊己
実業之日本社
売り上げランキング: 75457




 

リンク

 
 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

 
 

スポンサードリンク

 

 

QRコード

 

QR

 

ブロとも申請フォーム

 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。