登山の記録、一眼レフカメラ写真など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲ノ平縦走 1日目(折立→太郎平)(2010/9/23)

2010年9月23日~26日、
日本最後の秘境と呼ばれる雲ノ平へ、3泊4日の縦走へ。

<太郎平小屋の前から>。
<前日 9月22日>
明日の天気予報は悲惨なことになっていた。
3泊4日の北アルプス縦走を明日に控えたこの日、
秋雨前線と接近しつつある台風が、頭を悩ませていた。
天気予報サイトの予報は何度見ても、変わることはなかった。

今回は友人のM君と二人、テント泊の予定だったが、
天候を考慮し、急遽小屋泊に変更することにした。


●22時
大阪から富山駅までの夜行バスに乗る。
これが噂の3列シートか。なるほど、快適かもしれない。
ただ、最後尾である自分の席は4列シートになっているという、
惜しい結果になっていた。


<1日目 9月23日>
●5時50分
富山駅着。
空は曇り模様。

これ以上荒れないことを祈る。
前泊しているM君と落ち合う。
富山駅→折立行きのバスに乗る。
迂回ルートを辿るため、3時間ほどかかるそうだ。
大雨の予報のためか、客は少なかった。


●10時頃
折立着。
やはり雨が強く降っていた。
水を汲み、支度をして、特攻する。
あれ、登山道、川みたいになってるよ。




しかし行くしかねー。
T師匠の「水対策は入念に」の助言に従い、
できることはやったつもりだ。
 水対策①.ザックの中を40Lの防水スタッフバックに包む。
 水対策②.電子機器はさらにナイロンの防水ポーチで包む。
 水対策③.速乾性のタオルを用意
もちろん、レインカバーやレインスパッツも装着。

登山道は濁流と化していた。
無心で歩き、休憩は最小限、座ることなく済ませる。


最も歩きやすい場所は、水が占拠していた。
登山道の端を、足早に急ぐ。
足場はよくなかったが、ダブルストックはバランスを取るのに一役買っていた。

開けた場所に出ても、展望はなかった。
風が強かった。
雨はレインカバーとザックの隙間に進入してきていた。


●13時30分頃
なんとか、太郎平小屋に到着。
コースタイム5時間のところを、3時間で登ることができた。
受付を済ませ、すぐに乾燥室で荷物を乾かす。

恐る恐る、ザックのレインカバーを外す。
ザックの外は完全に濡れていた。
が、中身は完全に守られていた。
水対策①.防水スタッフバック の効果は絶大だった。
天を仰ぎ、師匠に感謝した(生きてるけど)。

小屋の談話室にて、コーヒーで体を温める。
登山者が続々と入ってきた。
テント装備でも、この雨で小屋泊に変更する人が多かったようだ。
ストーブで温まりながら、この雨の中登ってきた互いの労をねぎらったりして過す。




●16時
時折窓の外が明るくなってきた。
快晴ではないが、今日初めての青空が嬉しい。

初めて小屋の周りの景色を眺める。

薬師岳や、



明日行く予定の雲ノ平が見えて、気持ちが盛り上がる。



後から登ってくる他の登山者を迎えたりして過ごす。



●17時頃
夕食の準備に取り掛かる。
夕食は
 ・フリーズドライのご飯+肉味噌(事前に用意)
 ・ソーセージのベーコン巻き
だった。






なんと、他の登山グループにシチューのおすそ分けを頂いた!
ありがとうございます。超おいしかったです。
テント泊予定だった人が多いためか、その日の自炊室は賑やかだった。


●17時30分
ちょうど日暮れの時間になると明るくなってきた。
夕日を期待して再び外へ。

お、いいカンジ。



この時間帯、刻一刻と、



姿を変えていく空模様。



この時間に少しでも太陽を見ることができたことに感謝。



そうして、一日の終わりに顔を見せた太陽は沈んで行くのだった。

XPERIAにて夕日を微速度撮影

●夜
M君と明日以降の行程を相談する。
グットニュースとバッドニュースがあり、
 ・秋雨前線は南下し、天気はよくなるかも。
 ・台風12号が接近している。
とのことだった。

予定では明日は雲ノ平山荘に泊まる予定だったが、
天候が読めないこともあり、水晶小屋まで行くことにした。


●20時頃?
早めに床に就く。
部屋は、自分達の他に、単独行のおじさんが二人だった。
そのうち一人は、明日黒部五郎岳に登ると、百名山完登の猛者だった。

夜中、「やれるもんならやってみぃ!」という叫び声で目が覚める。
猛者が、夢の中で何かと闘っているらしかった。

二日目に続く。

***

●今日のコース
折立→太郎平小屋
スポンサーサイト

このエントリーに関係があるかもしれない商品です。
よろしければどうぞ。

 

Comment

 
 

2010.10.05 Tue 12:58そのせつは。

太郎平小屋、自炊部屋チームでご一緒した大阪の山ねえさんです。
メールしなくてごめんなさい。この土日も仕事でして・・。
夕焼けの写真、むっちゃキレイですね。すごい。
 実は、われわれ2人も、2日目は高天原温泉に泊まったものの、
3日目に予定短縮して水晶小屋に泊まりました。 小屋の人に聞いたら、二人が無事来たということで、一安心しておりました。
 続き、楽しみにしております。

2010.10.05 Tue 23:18フリーズドライのご飯はおいしいの?

1枚目の写真から心をつかまれました☆
キレイな空の色ですね(*^^*)
3泊4日の登山を2人だけで行くんですね。
ちょっとオドロキました。
ご飯はフリーズドライなんですね。
なんか宇宙食みたいですね。
どうやって食べるんですか?美味しいんですか?パサパサ?
ソーセージのベーコン巻きにはちょっと笑っちゃいました。
お肉をお肉で巻くんですね(^皿^)
登山はすごいハイペースで登ったんですね。
5時間の予定を3時間で登るなんて┌(・・;)┘≡3
  • #-
  • いずみーる
  • [URL]
  • [Edit]

2010.10.05 Tue 23:46Re: そのせつは。

おお!そのせつはどうも!
水晶小屋に泊られたんですね。水晶小屋の人達、スゴイいい人やったでしょ?

結局、帰りの新穂高のバス停で単独行の女の人に再会して、
平湯バスターミナルで3人のスキーヤーさんにも再会できました。
みなさんの生存を確認できてよかったです!

続きも頑張って書きたいと思いますので少々お待ちを。
  • #-
  • C8
  • [URL]
  • [Edit]

2010.10.05 Tue 23:50Re: フリーズドライのご飯はおいしいの?

ありがとうございます!
フリーズドライは飽きたらマズイらしいですが、
僕たちには美味しかったです。
でもまあフリーズドライじゃない方がおいしいと思います(笑)

ソーセージは、ああいう商品が市販されてたんですよ!
斬新な商品でした。

> 1枚目の写真から心をつかまれました☆
> キレイな空の色ですね(*^^*)
> 3泊4日の登山を2人だけで行くんですね。
> ちょっとオドロキました。
> ご飯はフリーズドライなんですね。
> なんか宇宙食みたいですね。
> どうやって食べるんですか?美味しいんですか?パサパサ?
> ソーセージのベーコン巻きにはちょっと笑っちゃいました。
> お肉をお肉で巻くんですね(^皿^)
> 登山はすごいハイペースで登ったんですね。
> 5時間の予定を3時間で登るなんて┌(・・;)┘≡3
  • #-
  • C8
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://mtjapan.blog133.fc2.com/tb.php/23-c2203452
 

プロフィール

 

Mt.Japan

Author:Mt.Japan
登山が趣味です。
ボルダリングも少々。
百名山とかアルプスに登りつつ、関西の低山にも登ってます。

当ブログはリンクフリーです。相互リンクも歓迎!

 

最新記事

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

 
 

カテゴリ

 
 

タグクラウドとサーチ

 

 

Recommend

 

関西ハイキング2012 (別冊山と溪谷)

山と渓谷社 (2011-10-20)
売り上げランキング: 42894


関西日帰り山歩きベスト100 (ブルーガイドハイカー)
岡弘 俊己
実業之日本社
売り上げランキング: 75457




 

リンク

 
 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

 
 

スポンサードリンク

 

 

QRコード

 

QR

 

ブロとも申請フォーム

 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。