登山の記録、一眼レフカメラ写真など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲ノ平縦走 2日目前編(太郎平→雲ノ平)(2010/9/24)

1日目はこちら:雲ノ平縦走 1日目(折立→太郎平)(2010/9/23)

<2日目 9月24日(前編)>
●4時
起床してすぐ気象が気になっていた。
小屋の周りは雲で覆われていたが、
昨日のような風雨でないだけましに思えた。


太郎平小屋から薬師沢小屋までの木道

暗がりの中、フリーズドライのお茶漬けを喉に掻きこみ、出発の準備をする。



●5時30分
出発。
ひとまず5時間かけて、雲ノ平を目指す。



せっかく上げた高度を、薬師沢まで一旦下げねばならなかった。
前日の雨で、木道は非常に滑りやすくなっていた。
容赦ない尻餅に心が折れそうになりながら進む。


笹の露を見ながら



はしごを登り



木道を進む。



ここはちょっとDangerだった。ペラペラの鉄板。






薬師沢が近い。
水の透明度に驚く。



●7時40分
薬師沢小屋に到着。

小屋前のつり橋






ここからがやっかいな登りとなった。
前日、小屋の登山者が言っていた通り、
両手を使って岩を登らねばならなかった。
しかも例によって、岩は水でつるつるになっていた。
これ以上尻を打つとトラウマになりそうなので、必死に踏ん張って登る。



●9時50分
なんとか、雲ノ平のアラスカ庭園に到着。



天候は曇りだったが、雲ノ平の周りの山は見えていた。
今日も人気(ひとけ)は少ないようだ。


雲ノ平では、場所ごとに○○庭園という名前がついている。
ここは奥日本庭園。



雲ノ平山荘を目指して歩く。



日本最後の秘境、雲ノ平は広かった。



お、山荘が見えてきた。



●11時15分
今年の8月10日にオープンしたという、新装の雲ノ平山荘に到着。



内装はまだ作りかけ、という感じ。



昼食前に、あえてのケーキセットを注文する。
小屋内にはジャズが流れ、縦走中とは思えないお洒落なひと時だった。



小屋を後にする。



昼食と水の補給のため、テント場を目指す。
奥の黄色いのが水のタンク、右の方の建物がトイレ。



●11時50分
テント場の水場周辺で、昼食にした。
昼食は、
 ・フリーズドライのご飯
 ・茄子と挽肉のカレー
だった。

これが激旨だった。


ところでこのフリーズドライのご飯、一人前ごとに容器が分かれており、
ルーをご飯に投入しても、食器を汚すことなく、ゴミとして処理できるので
とても便利だった。
今回の旅で有用だと感じたものがいくつかあるので、追ってまとめたいと思う。


食事を終え出発する。
これから向かう水晶岳が見えていた。



ずいぶん遠くに感じる。
太郎平小屋を出発してから、既に6時間半が過ぎていた。


二日目後編に続く。
スポンサーサイト

このエントリーに関係があるかもしれない商品です。
よろしければどうぞ。

 

Comment

 
 

2010.10.05 Tue 23:28み、道がない(@Д@;

新装の雲ノ平山荘はきれいですね☆
"山小屋"って感じじゃないですね(・∀・)
しかもケーキセットて( ´艸`)ププ
それにしても足場が悪いですね。
尻餅ってそんなにするもんなんですね。
私は転ぶほど激しいコースに行ったことないので…(゜д゜;)
最後の秘境は大変ですね。
黄色い水のタンク、めちゃ探しました(笑)
あんなところに!!
でもお水は大切ですからね。遠くても取りに行かねば☆
  • #-
  • いずみーる
  • [URL]
  • [Edit]

2010.10.05 Tue 23:53Re: み、道がない(@Д@;

> 新装の雲ノ平山荘はきれいですね☆
> "山小屋"って感じじゃないですね(・∀・)
> しかもケーキセットて( ´艸`)ププ
まだあの山小屋でケーキ食べた人も少ないかなと思いまして…。

> それにしても足場が悪いですね。
> 尻餅ってそんなにするもんなんですね。
> 私は転ぶほど激しいコースに行ったことないので…(゜д゜;)
濡れた木道は尋常じゃなく滑るんですよ。
精神的なダメージはなかなかのもんです。

> 最後の秘境は大変ですね。
> 黄色い水のタンク、めちゃ探しました(笑)
> あんなところに!!
> でもお水は大切ですからね。遠くても取りに行かねば☆
でも秘境の水は美味しかったですよ(^^)
  • #-
  • C8
  • [URL]
  • [Edit]

2010.10.09 Sat 22:12こんばんわ!

先日はコメントどうもありがとうございました!(-´▽`-)
このルートは8月の夏山縦走で歩きましたが、散々な天気で全く何も見えなかったので、展望が得られて羨ましいです。

濡れた木道の辛さは良くわかります!
僕も何度も転んで尻餅をつきましたよ(;´∀`)
ありゃ靴にはめる木道用の滑り止め持って行った方が正解かもしれませんね。

雲ノ平山荘にはオープン直後に寄りました、あまりの綺麗さと外の天候の悪さに泊まろうかと思いましたが、結局テント泊にしました。
また機会があったらここで小屋泊でもいいかなぁと思います(-´▽`-)

またお邪魔させていただきますね♪
今後ともよろしくお願いします(・∀・)






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://mtjapan.blog133.fc2.com/tb.php/24-292d2ae0
 

 

 

プロフィール

 

Mt.Japan

Author:Mt.Japan
登山が趣味です。
ボルダリングも少々。
百名山とかアルプスに登りつつ、関西の低山にも登ってます。

当ブログはリンクフリーです。相互リンクも歓迎!

 

最新記事

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

 
 

カテゴリ

 
 

タグクラウドとサーチ

 

 

Recommend

 

関西ハイキング2012 (別冊山と溪谷)

山と渓谷社 (2011-10-20)
売り上げランキング: 42894


関西日帰り山歩きベスト100 (ブルーガイドハイカー)
岡弘 俊己
実業之日本社
売り上げランキング: 75457




 

リンク

 
 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

 
 

スポンサードリンク

 

 

QRコード

 

QR

 

ブロとも申請フォーム

 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。